test

未来世紀ジパング

2019/3/6 22時より 「未来世紀ジパング」で 弊社独自の水質浄化材「バクチャー」が登場します。 今回、バクチャーはベトナムの水質浄化に挑みます。

水質浄化材「バクチャー」での 水質浄化事例集

農業用資材「バクチャーソイル」での 農作物事例集



~番組内関連商品について~

◆トイレのいや~な臭いに、汲み取り式トイレの消臭材 「臭いとった君EX」

◆冷たくて大変な水換えに、水槽用バクチャー 「淡水60L用バクチャー」

◆体のありとあらゆる不調に、微生物の力で腸内活性 「活性エキス」

◆ペットの健康に、微生物の力で腸内活性 「バクチャーペット」

◆無農薬で安心な野菜作りには、家庭菜園に最適  土壌改良材 「バクチャーソイル」

NHK京都テレビ放送

NHK京都のテレビに「バクチャー×IOTでの水質浄化」について報道されました。

建仁寺両足院池からスタートします!!
撮影中、スタッフが池に落ちるなどハプニングもありましたが…笑
NHKの取材スタッフの方々にこんな楽しい撮影は初めてなど嬉しいお言葉もいただきました!

仕事=楽しい

それが、世のためになると、さらに楽しくいいお仕事ができそうです!!
スピードアップもできそうです!

本当に皆様に支えられて日々成長しています。
この度はクラウドファンディング応援して下さった方々、取材スタッフ、関係者の方々…

心より感謝申し上げます!

NHK京都 京いちニュースより

京都市の寺院で水質を浄化する技術を活用して境内の池の水をきれいにしようという取り組みが始まっています。

取り組みが始まったのは、京都市東山区にある建仁寺の塔頭(たっちゅう)「両足院」にある池です。
両足院では、池を管理する人の不足や経済的な理由を背景に、長年、池の水の汚れが課題になっていました。
こうしたことを受けて、今回、池の水の浄化に乗り出すことになりました。
取り入れるのは岡山県の会社が開発した水質浄化の技術で、この会社によりますと、火山れきを材料にした特殊な粉を池にまくことで、水中の微生物の動きが活性化し、水質浄化が進むということです。
この会社によりますと、両足院の池の場合、1か月ほどで水の濁りに変化が出始める見通しだということです。
また、今回の取り組みでは、別の会社が開発した水質の変化をリアルタイムで計測できるシステムも導入されました。
両足院の伊藤東凌副住職は、「池の水がきれいになり、訪れた多くの人が池のそばで長い時間を過ごせるようになってほしい」と話していました。

TBSテレビ Nスタにバクチャー登場

TBSテレビ Nスタ全国放送版にバクチャーが登場します。

この他に、東海三県ではイッポウというニュース番組での放送もありました。



うなぎが飼える養殖キットですが、すでに水槽をお持ちの方におすすめなのが、

VTRで紹介された水質浄化材「バクチャー(水槽用)」

ベトナム中央テレビ放送

2018年5月30日 バクチャーの1年の効果についてベトナム中央テレビのニュースで放送されました。

ベトナムの方から連絡があり、放送内容は主に、一年間水の浄化が保たれている結果の驚きのニュースだったとのことです。私共は、「バクチャー」という言葉しか聞き取れず残念なところもありますが…

一年前に施工した場所で、一年後にまたニュースで取り上げられることは、本当にありがたいです。

【ベトナムハイフォン池の詳細】

水量7500トンの池(真緑、異臭、死んだ魚が浮いてる池)を一年前にバクチャーで浄化しました

その池が一年経っても綺麗なままで保たれています

【水質データについて】
赤いラインがベトナムの水質基準ですが施工前は基準を満たせていませんが

バクチャー散布後には全ての水質基準をクリアしています

ベトナムの国会議員の方や科学技術連合会の方たちからも基準をクリアするのは不可能だろうと言われていましたが、バクチャー施工1か月で全ての基準値をクリアすることができ、さらに一年継続中とのことです。

バクチャーだけではなく、施工時に手伝っていただいた現地の方々や施工後今まで以上に池を大事に扱っていただいた方々の協力のもとに出た結果だと思います。

心より感謝申し上げます。

このような結果を日本や世界に広めて、後世に残せる環境づくりをスタッフ一同取り組んでまいります!!

スーパーJチャンネルに登場

水槽用バクチャーが2018年5月30日スーパーJチャンネルにでました。
首都圏メインでの放送となりましたが、見てくれた方が沢山いたようで

嬉しい限りです(*^^*)

岡山にいる私達は見えず…放送内容が気になりドキドキした一日でした。

テレビ朝日のニュース動画サイトでの配信を今か今か!と待ちつつ…

今回ご紹介された
水質浄化材バクチャー(水槽用)はこちら

●水槽用バクチャー

口コミ・リピート率の高い健康サプリもおすすめ

●活性エキス

KSBスーパーJチャンネルにつやま青うなぎが報道されました。

詳しくは、こちらへ

実は、うなぎの旬は冬なんです。

つやま青うなぎは、これから冬眠に入るため、
しっかりご飯を食べ栄養を蓄えてます。
夏場とはまた違う脂ののりで、おいしいと人気です。
つやま青うなぎは、弊社独自の水質浄化技術
「バクチャーシステム」を用いて養殖してます。
養殖方法は、閉鎖循環型陸上養殖で、水換えなしです!
水換えなしなのに、その水はキレイ
そんなキレイな水で育つうなぎは
うなぎ特有の臭みがなく程良い脂ののりです。
この季節にしか味わえない、つやま青うなぎを
是非ご賞味ください。
詳細
津山で鰻を食べたい方はこちら!予約をお勧めします!
https://m.facebook.com/日本料理-ちよ田-681691871960846/?locale2=ja_JP

『羽鳥慎一モーニングショー』で放送されました。2017.12.19

情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」の 『羽鳥が現場へ直行 聞きトリ』 のコーナーで
弊社独自の水質浄化材「バクチャー」とその開発を手がけた杉山倫義が出ました!!

番組内では、羽鳥さんに臭気実験や水槽の実験などを体感していただきました。
また、バクチャーを用いての養殖方法を実際に見ていただき、そこで育ったつやま青うなぎも試食!
臭気実験では、羽鳥さんにとてもクサイものを臭ってもらい、バクチャーを入れ10分後!
さてどうなるのか!!??
水槽実験では、池の水を水槽に用意し、片方にはバクチャー・もう片方には何も無しで15日間!
循環させた様子は!!??
などなど盛りだくさんの内容になってます。

以下、テレ朝HPより

◇杉山が会長を務める会社
RBCコンサルタント(株)
住所/岡山県津山市高野山西478-3
TEL/0868-26-5205
「バクチャーパウダー(60g 2t用)」
5400円(税込み)

水質汚染の救世主として世界が注目している粉があります。その名は「バクチャー」。緑色に濁った池の水も、これを撒くだけで透明にしてしまいます。バクチャーは「バック・トゥ・ザ・ネイチャーからとった造語」と語るのは、開発者の杉山倫義(すぎやま・ともよし)さん(67)です。今回の聞きトリは、岡山県津山市にある杉山さんの会社を訪ね、開発の舞台裏を伺いました。

まずは羽鳥慎一キャスターの目の前でバクチャーの効果を検証です。用意したのは産業排水。「どぶの臭いがする」、機器の計測でも999(つまりは計測不能)を示すほどの臭いを放つ水です。そこにバクチャーを入れ、待つこと10分。再計測して出た数値は、大幅にダウンした26。もちろん、悪臭を感じることはありません。

●微生物を活性化させ、水を浄化

バクチャーは水の浄化も行っています。バクチャーを入れた水槽と入れていない水槽を5日間放置して比べると、その差は歴然。バクチャー入りの水は高い透明度を誇っていました。

水をきれいにするには、「食物連鎖を活発にすること」と語る杉山さん。池などの水の中では、汚れの原因となる生物のフンや死骸をバクテリアなどが分解して、そのバクテリアを他の微生物が捕食しあっていくことで生態系のバランスはとれています。バクチャーが行うのは、これら微生物を活性化させること。そのため、「汚れのもとの有機物を、微生物がどんどん食べ」て、きれいになっていくのです。

バクチャーはさまざまな種類の砕いた石や土、植物からとったミネラル分が主な原料。配合の分量は企業秘密ですが、原料を水で混ぜて乾燥させて粉にしています。

●バクチャーでうなぎも養殖

◇ご協力いただいた鰻屋さん
日本料理 ちよ田
住所/岡山県津山市本町2-19
TEL/0868-24-2678

杉山さんはバクチャーを使ってうなぎの養殖も行っています。バクチャーを使うメリットは、「水を替えるなどの手間が省ける」こと。うなぎはたくさんの餌を食べるため、水槽の水が汚れやすいそうですが、バクチャーを使えば汚れにくく、一般的な養殖場のように地下水をくみ上げる設備も必要ありません。

津山市内のある日本料理店では、「匂いもなく、身はぷりぷり」とバクチャーで養殖したうなぎを好んで使っています。養殖であることを伝えて提供していますが、天然だと言い張るお客様もいたほど、味わいにも定評があります。

●川の上流はどうしてきれいなのか?

東京の専門学校で測量を学んだ杉山さんは、1974年、地元の岡山県津山市に土木会社を立ち上げます。橋を架ける工事に携わり、多くの汚れた池を見るたびに、抱く思いがありました。「川はどうして上流にいくと、きれいなのか」。
そして、「その状態を作れれば、水はきれいになるのでは?」。環境問題にはまったくの素人だった杉山さんの挑戦が始まりました。
数々の参考書を読み漁った結果、バクテリアなどの微生物に川の水をきれいにする役割があることを知ります。そこで各地の山を巡り、集めた石や土、植物で微生物によい環境を作ることを開始。研究から5年が経った頃、「汚れた水がきれいになっとったんです」。
その効果を認めてもらおうと研究機関に足を運びますが、「それはありえない」とまったく信じてもらえなかったそう。ならば実績で示していくしかないと、自らの会社を大改造。それがうなぎ養殖の始まりでした。今ではおよそ10万匹を養殖、「つやま青うなぎ」という津山市のブランド品にもなっています。
息子の孔太さんとともに、アワビの陸上養殖にも取り組み、人工の海水にバクチャーを入れ、難しいといわれるアワビの養殖にも成功しています。

●努力、感謝、お返しの繰り返し

ベトナムはじめアメリカ・中国・タイなど世界10か国でも実績をあげている杉山さんに、最後に尋ねました。「人生で成功するために必要なことは?」。返ってきたのは、「努力、感謝、そしてお返し」というシンプルな言葉でした。食物連鎖と同じく、このサイクルを繰り返していくことがその先に繋がると話します。
低コストで池の水質汚染を改善したいという杉山さん。今後は農業でも活用したいと考えています。

---------------------------

水質浄化材「バクチャー」での 水質浄化事例集

農業用資材「バクチャーソイル」での 農作物事例集



~番組内関連商品について~

◆トイレのいや~な臭いに、汲み取り式トイレの消臭材 「臭いとった君EX」

◆冷たくて大変な水換えに、水槽用バクチャー 「淡水60L用バクチャー」

◆体のありとあらゆる不調に、微生物の力で腸内活性 「活性エキス」

◆ペットの健康に、微生物の力で腸内活性 「バクチャーペット」

◆無農薬で安心な野菜作りには、家庭菜園に最適  土壌改良材 「バクチャーソイル」

☆羽鳥慎一さん、撮影スタッフの皆様、ご協力頂いた皆様ありがとうございます☆

ベトナムのニュースにバクチャーが報道されました

ベトナムのニュースのため「バクチャー」という言葉のみ聞きとれます。

ぜひ見て下さい。

ベトナム池セレモニーの様子

水質浄化in ベトナム H29/5/17

↑水質浄化をする前のセレモニーの様子

ベトナムでの大々的な水質浄化になるため、多くの取材の方が来られていました。

こんなにまでしていただけて、、、ありがたいです。
あとはバクチャーを散布して、池の水をきれいにするだけです!!

※散布後の経過観察等は導入事例に載せていきます。