test

NHK京都テレビ放送

NHK京都のテレビに「バクチャー×IOTでの水質浄化」について報道されました。

建仁寺両足院池からスタートします!!
撮影中、スタッフが池に落ちるなどハプニングもありましたが…笑
NHKの取材スタッフの方々にこんな楽しい撮影は初めてなど嬉しいお言葉もいただきました!

仕事=楽しい

それが、世のためになると、さらに楽しくいいお仕事ができそうです!!
スピードアップもできそうです!

本当に皆様に支えられて日々成長しています。
この度はクラウドファンディング応援して下さった方々、取材スタッフ、関係者の方々…

心より感謝申し上げます!

NHK京都 京いちニュースより

京都市の寺院で水質を浄化する技術を活用して境内の池の水をきれいにしようという取り組みが始まっています。

取り組みが始まったのは、京都市東山区にある建仁寺の塔頭(たっちゅう)「両足院」にある池です。
両足院では、池を管理する人の不足や経済的な理由を背景に、長年、池の水の汚れが課題になっていました。
こうしたことを受けて、今回、池の水の浄化に乗り出すことになりました。
取り入れるのは岡山県の会社が開発した水質浄化の技術で、この会社によりますと、火山れきを材料にした特殊な粉を池にまくことで、水中の微生物の動きが活性化し、水質浄化が進むということです。
この会社によりますと、両足院の池の場合、1か月ほどで水の濁りに変化が出始める見通しだということです。
また、今回の取り組みでは、別の会社が開発した水質の変化をリアルタイムで計測できるシステムも導入されました。
両足院の伊藤東凌副住職は、「池の水がきれいになり、訪れた多くの人が池のそばで長い時間を過ごせるようになってほしい」と話していました。

心呼吸プロジェクト

心呼吸プロジェクト

数多くの池や湖沼をバクチャーで綺麗にしてきました。
バクチャーを散布後、瞬く間に水が透明になれば目で見てわかるのですが、
そんなに自然は簡単なものではありません。
微生物が徐々に増え、せっせと汚れを食べ、食物連鎖を繰り返すことで、水が浄化されていくのです。しかし、多くの人は徐々に変わるその変化に気がつきません。Before・Afterの写真を見て初めて「あっ!キレイになってる」、写真を見ても気づかない方には、汚れを示す数値を事細かく提示して証明しなければなりません。

そのため、私たちはバクチャーを散布後に、経過観察や結果を証明するのに今まで

①ビフォーアフターの写真
(地上、空撮、水中)

②水質データの分析
(1週間、2週間、3週間、1ヶ月、半年、一年後)

この①②を全て人力でやってきました。手間とコストがかかり本当に大変でした。

近くの池や川なら良いのですが、例えば北海道だと本当に大変です。ましてや、海外だとなおさら大変です。また、海外でのあるあるですが、こちらの指示通りにはなかなか事は動きません。

そんなとき、あるきっかけでお会いした稲葉さんと稲葉さんが持っているIoTシステム (インターネットオブシングス)。こちらに感銘を受け、今回IoT×バクチャーの最強コラボ誕生です!!

■IoT(インターネットオブシングス)とは?

簡単に言うと、池を自動でモニタリングするシステムです。
池にセンサーを設置し継続的にデータを収集。リアルタイムで水質の監視を行うことができます。

そうです!!

このIotとバクチャーのコラボで今まで大変だった、管理がなくなり、コストも下がります。それだけではなく、突発的な環境変化や自然災害による環境変化、人為的な環境変化(汚水や農薬などの混入)などもすぐにわかります。また、水質が良くなっていっている様子を継続的にみることができます。

池がずっと綺麗でありつづけるプロセスを見守れる仕組みの導入を京都の建仁寺塔頭両足院の池でやります。ここがスタートです。Iotとバクチャーとのコラボでより身近に水質浄化できるようにし、日本だけでなく世界、地球全ての水を浄化する第一歩。
神社・お寺の池をまず綺麗にしていきます!!

ご支援・ご協力よろしくお願いします。

https://camp-fire.jp/projects/view/97757?fbclid=IwAR271wcUFi6Du6F8f4qgCsehQ3gYSRIL7CZYwba18yxNP4bb2JElPgfzBcc

感謝申し上げます

感謝申し上げます
ありがとうございます

バクチャー×IOTプロジェクト目標額を上回り達成することができました。
本当に皆さまのご協力やご支援あって達成できました。

11月12日は、建仁寺での散布式です。日本の神社・仏閣の池をバクチャー×IOTの最強コラボでキレイにしていきます。
もちろん、最速です!!

多くの方の応援メッセージに励まされ本当に感謝です。

ありがとうございます

知る人ぞ知る!なかなか予約のとれない、今大人気のバクチャー視察

  • ●バクチャーって最近よく耳にするけどなに!?
  • ●養殖うなぎの非常識!!
     ●うなぎの旬って夏じゃないの!?
     ●山で養殖って出来るの!?
  • ●子供も思わず食べちゃう野菜ってあるの!?
  • ●肥料も使わず、おいしい野菜っていっぱい出来るの!?
  • ●安心・安全な食材ってどうやって作るの!?
  • ●臭わない養鶏場ってあるの!?

あなたの常識がひっくり返る!!

世界初の新しい技術「バクチャー」とは?

「微生物活性材バクチャー(BAKTURE)」という名称は、Back to the Natureを略した造語です。 その名の通り、微生物の偉大なチカラに助けてもらい、自然を本来の姿に戻すことができる世界初の新しい技術です。「微生物活性材バクチャー」は、自然界が本来持っている微生物の力を劇的に活性化させる機能を持ち、その効能は水質改善・土壌改善・臭気対策等の広範に及びます。 これは、「自然本来の美しい姿への回帰(Back to the Nature)」と「人々の豊かな暮らしと発展」を両立させるものです。私達は、「微生物活性材バクチャー」をキーテクノロジーとして、これからの地球環境を持続可能な状態にできるよう取り組んでおります。

・ん!?それで、どういうこと??
まだ、ピン‼とこない方

・バクチャーをもっと知りたい方は ↓↓↓↓↓

年間1,000人以上が訪れる会社、その秘密とは!?

岡山県北部の小さな町の小さな会社なのに、なぜか年間1000人以上の人が訪れる。その訪れる人達は、国内とは限らない。オーストラリア・アジア・ヨーロッパなどなど世界各国から。また、最近では意識の高い親御さんが子供たちを連れてきてくれたり、可能性に満ち溢れた学生さんも来てくださっています。

それはなぜなんでしょう??その秘密知りたくないですか?

抗酸化力3倍の野菜の秘密・臭くてたまらない臭いの消し方・

水換えしなくてもきれいに保つ技術・子供が喜んで食べる農作物の作り方

微生物の話から身近にすぐ使える話まで!!いろんな秘密が隠れてます。

訪れた人は、「え~!!」が止まらない。

あの有名番組も世界初の技術『バクチャー』を一目見に訪れた!!

2017年3月28日には「ガイアの夜明け」でバクチャーを用いて山の中で、海水による閉鎖循環型陸上養殖の取り組みを取材され、バクチャーが一般の方々にまで浸透するきっかけとなった。またその年の12月には、羽鳥さんの番組でバクおチャーの水質浄化技術について取り上げられた。バクチャーは今まで、海外と日本では知る人ぞ知る技術だったが、今では多くの方に浸透するまでになった。視察では、バクチャーの技術から今の環境にや食育についてなど幅広く・わかりやすくお伝えします。

◆その他メディア紹介◆

バクチャーは2008年から10年間で多くのメディアに紹介されています。ベトナムのニュースにも流れたことあるんです!!

その他ニュース・バラエティー番組・新聞・雑誌等、多くのメディアに取り上げられている注目の技術『バクチャー』

海外からも注目!!

ルワンダ・ケニア共和国の中日全権大使も訪れた場所

また海外からも視察団が訪れまくる!!

オーストラリア・中国・ケニア・ベトナム・オランダ・韓国・ベルギー・台湾・バングラディッシュ・香港・タイ・シンガポールなどなど・・・

なぜ??日本の郊外の小さな会社に、海外から多くの方が訪れるのでしょう!?

水質浄化技術バクチャーは国連の環境技術データベースに登録されもなっています。

国際連合工業開発機関:UNIDOは先進国、新興国、開発途上国を問わず世界中からアクセスされています。世界への窓口となる国際連合工業開発機関(UNIDO)の環境技術データベースにバクチャーを活用した水質浄化技術は、登録されています。
なぜ?なぜ??なぜ???

※視察内容等は、天候や季節によって異なります。

大人の社会科見学と称賛の声

視察体験でできること。見て・さわって・食べて!!微生物の力とは、大地の力とは、難しく思える問題も実際に見て、体験することでスッと入ってくる。まさにそれは大人の社会科見学!大人から子供まで楽しめる場です。

※視察内容等は、天候や季節によって異なります。

体験型視察の見所3つ!!

ここで味わえる体験は、一言では言い表せれませんが、
視察の見所を3つお伝えします。

平飼いでストレスフリーの鶏が産む新鮮卵やオーガニックエコフェスタ2018で優勝したお米と同じ育て方で育てた健康米、バクチャーセットも付いてくる!!こだわりと愛情が詰まったお土産セット!!
※お土産は、季節によって異なります。

来てみて体験した人にしかわからない!実際に体験し多くの方が驚きの声をあげています。

  • ・新たなビジネスとして何かを始めたい方
  • ・今のビジネスをより発展させたい方
  • ・環境問題改善になにか行動したい方
  • ・無農薬農業を始めたい農家さん

多くの方に喜ばれています。

※視察内容等は、天候や季節によって異なります。