test

環境浄化事例 「ラオス」

環境浄化に威力を発揮するバクチャーは、環境そのものを豊かにし、生態系を自然に戻します。

水質浄化事例 「高円新池」

「微生物活性材バクチャー」を散布することにより、水中にいる土着の微生物が活性化し、汚濁を分解していきます。

土壌改善事例 「キャベツとイチゴ栽培」

「微生物活性材バクチャー」を鋤き込むことにより、土中にいる土着の微生物が活性化します。 活性化した微生物は、汚濁を分解したり、植物に良い栄養素を作り出したり、土壌を改善します。

[キャベツ総評コメント]
流通平均値(5月~6月)と比較すると、糖度、抗酸化力・ビタミンC に関して大変高い傾向の値になりました。硝酸イオンにおいては、検出下限値以下という非常に低い値になりました。食味に関しては、水分が少なくやや硬めの食感で、辛い風味が強く感じられ、後味にえぐみと苦味がほんのりと残るという評価でした。大きさは平均重量が100g 以下と小さめで、葉の緑が濃い特徴がありました。

[イチゴ総評コメント]
全国平均値(4月~6月)と比較すると、抗酸化・ビタミンC に関して高い傾向の値になりました。特にビタミンC 含有量に関しては、食品成分表を大きく上回る傾向の結果でした。糖度については平均値よりやや低い傾向が見られました。硝酸イオンにおいては、検出下限値以下という非常に低い値になりました。 食味に関しては、甘味と同時にバランスの良い酸味を感じ、すっきりとした後味であるという評価でした。