test

環境浄化事例 「ラオス」

環境浄化に威力を発揮するバクチャーは、環境そのものを豊かにし、生態系を自然に戻します。

水質浄化事例 「高円新池」

「微生物活性材バクチャー」を散布することにより、水中にいる土着の微生物が活性化し、汚濁を分解していきます。

土壌改善事例 「キャベツとイチゴ栽培」

「微生物活性材バクチャー」を鋤き込むことにより、土中にいる土着の微生物が活性化します。 活性化した微生物は、汚濁を分解したり、植物に良い栄養素を作り出したり、土壌を改善します。

[キャベツ総評コメント]
流通平均値(5月~6月)と比較すると、糖度、抗酸化力・ビタミンC に関して大変高い傾向の値になりました。硝酸イオンにおいては、検出下限値以下という非常に低い値になりました。食味に関しては、水分が少なくやや硬めの食感で、辛い風味が強く感じられ、後味にえぐみと苦味がほんのりと残るという評価でした。大きさは平均重量が100g 以下と小さめで、葉の緑が濃い特徴がありました。

[イチゴ総評コメント]
全国平均値(4月~6月)と比較すると、抗酸化・ビタミンC に関して高い傾向の値になりました。特にビタミンC 含有量に関しては、食品成分表を大きく上回る傾向の結果でした。糖度については平均値よりやや低い傾向が見られました。硝酸イオンにおいては、検出下限値以下という非常に低い値になりました。 食味に関しては、甘味と同時にバランスの良い酸味を感じ、すっきりとした後味であるという評価でした。

オーガニックエコフェスタ2018お米部門で最優秀賞を獲得☆

徳島県で開催された『オーガニックエコフェスタ2018』にバクチャーを使用して下さっている農家さんのお米がノミネート!!さらに最優秀賞も頂きました星絵文字

2018年2月23・24日に開催されたオーガニックエコフェスタ2018 in TOKUSHIMAでバクチャーを使用して育ったお米が見事最優秀賞を獲得しました☆彡

使用したのは土壌改良材『バクチャーソイル』+植物活性材『バクチャー植物』

使用方法は簡単驚愕絵文字

 

~バクチャーソイル~

使用量 : 1000m2にバクチャーソイル60㎏

使用方法 : 田起こしの際、『バクチャーソイル』を万遍なく散布し、漉き込むだけ音符絵文字

基本的には1回の散布でOK!!追加散布の必要なし。

田畑だけでなく、果樹や家庭菜園、観葉植物等にも幅広く使用できますキラキラ絵文字

~バクチャー植物~

使用方法 : 本製品を約5000倍に薄めて散布

こちらも田畑だけではなく幅広く使用できます♬

今回ノミネートされたお米の分析結果一覧

バクチャーを使用して育ったお米は付いている21番の検体です。

抗酸化力が平均値を大きく上回り、さらに糖度も平均値以上ハートビックリ絵文字!

審査員の方からは「全国的に天候不良が続き高品質なお米が不作な中、平均値を大きく上回るお米に出会えた」、「どのように育てたらこのような結果になるのか知りたい」などなどありがたいお言葉を頂きました☆彡

農家さんおいしいお米を作って頂きありがとうございました。

神戸リゾート施設 水質浄化 H29/10/05

【散布前・散布後1ヶ月の比較写真】

  • 散布前・散布後1ヶ月の比較写真

今まで見えていなかったイルカ像の土台部分が丸見えに!!
イルカさんもなんだか恥ずかしそう・・・(///0///)~☆

  • 施工後2か月

鯉の影まではっきりと見えるようになり☆宙に浮いているみたい!!

施工店:みらいえパートナーズ株式会社

TEL:086-273-1155

バクチャーを用いての臭気対策

牛糞の臭いでお困りの牛舎へバクチャーを散布しました。

計測方法として、牛糞に水を混ぜ、液状にした物を計測しています。

【バクチャー散布前】

  • 臭気計測値 999
    臭気計測値 999

【バクチャー散布後】

  • 臭気計測値 26
    臭気計測値 26

「一週間後には牛舎の臭いが軽減した」と、喜ばれています。

岡山県 慈恩寺B池 H29/8/30~H29/11/01

【施工前】

  • 施工前
    透視度50cm(水深70cm)

透明度はあるが、水の循環が悪く、池の表面には油膜のような物が浮いている。

【施工後2か月】

  • 施工後2か月
    透視度70cm(水深70cm)

透き通って底まで見えるようになっております。

【水質データ】

  • 水質データ